EAT | 白インゲン豆とほうれん草のカレー


理由は個人によるけど、カレーが嫌いな人もいる。

カレーは僕達日本人にも馴染みが深い料理の一つで、

人それぞれ唯一無二の思い出があるはずである。

バーモントカレー、ジャワカレー、星の王子様など

カレールウを使用した母の味、おふくろの味。

チルドパックを温めた学生時代の味、というのもあるか。

しかし僕にとっての思い出のカレーは

かつて留学していたイギリスの、1999年のカレーである。

インターネットもろくに繋がらない当時、

右も左も分からないままイギリスに留学した僕は

あっという間にホームシックにかかり、

語学学校が終わればパディントンの駅に座りながら

行き交う人を眺めて一日を過ごし、

週末は蚤の市に出かけ、何を買うでもなく一日中、

そこでも人を眺めて過ごすといった、

今思えば勿体のない不毛な日々を送っていた。

(仕送りだったので、両親ごめん。)

お金もなかったので、4,5ポンドで買うことの出来る、

アルミに包まれたお皿に山盛りに盛られるチャイニーズや、

カレー、チップスを食べるのが日課であった。

着色料で赤や黄に染まったそれらは決して美味しいものでは

なかったけれど、ずらりと祭りの様に並ぶ屋台で選ぶ時間は楽しかったし、

定位置で頬張りながら行き交う人々を眺めた日常は

16年経った今でも鮮明に、自分の青春時代として思い出す事ができる。

今では僕もインド街やアラビック、中華街と足を運んで

本格的な味を楽しむ事が出来るけれど、

買付けの合間に一息つきながら

屋台の味を頬張ることはやめられない。

そんなことをふと思い出して今日はカレーを作った。

Featured Posts

Archive

Search By Tags

Follow Us

 
 
  • Instagram のアプリのアイコン
  • Pinterest 反射
  • Facebookのリフレクション

Copyright 2021

© Million Dollars Department

All Rights Reserved.

  • Instagram のアプリのアイコン
  • Pinterest 反射
  • Facebookのリフレクション